電器ものづくり・調達革新センター
開発プロセス革新グループ
主担当 中谷 光男 氏

当社が、なぜFRESDAMを選択したかと言いますと、自由曲面が極めて精度良く作れることが挙げられます。外観デザインが自由曲面になると、当然、金型の最終形状も自由曲面になってきます。金型の最終形状を正確に再現しようとすれば、高度なデザインCADが必要になります。FRESDAMを使うことでデザイナーが作った初期データを有効活用することができます。また、ノンパラメトリックのCADなので、横のパッチとの連携を持たず、デザイナーが作った曲面データのなかから、良い部分だけを取り出して使っても後々問題を生じません。フィレットをかける際にも色々と実用的な機能が用意されており、操作も簡便で使っていて面白いCADです。
 
     
   

| HOME | 概要 | 構成| 事例集 |