ソニー株式会社
エンタテインメントロボットカンパニー(ERC)
開発設計部 2課
係長 大口 伸彦 様

AIBO ERS-7開発へのFRESDAM適応事例

ロボットの開発においてデザイン、設計の開発プロセスを最適にすることが重要です。 ロボットは動きそのものがデザインに直結しているのと同時に、様々な動きをするためにデザイン上の制約も多い。


ERS-7の開発の上流である意匠データ作成にはFRESDAMを適用しました。デザイン意図をもっとも効率よくかつ正確に再現でき、そのデータが設計や金型でも有効に使えるからです。また、度重なるデザイン変更にも柔軟に対応することが可能なシステムであることが大きなポイントです。



また、本プロジェクトを遂行するに当たり、デザイン、モデリング、設計という作業を組織的に分業するスタイルを構築し、それぞれで行う運用ルールやデータ連携の手法を明確にすることで異なるCAD間でのコンカレント設計を実現し、開発スピードを上げることが可能になりました。
   

| HOME | 概要 | 構成| 事例集 |