機能説明 [Model Trace]


Model Trace(測定点群からの曲面生成機能)

モックアップやクレイモデルからの測定点群を利用して、枠組み曲線を生成、または直接曲面を生成するための補助機能を提供いたします。 接触式、非接触式のどのような三次元測定器のデータからでも、製品を設計することができます。
FRESDAMのモデリング環境で作業が行え,モデリング中に必要な測定データの参照や曲面の修正を自由に行えます。

1)利用目的

測定点群データを利用してデザインモデルの造形とCADデータと製品データの比較等の検査目的で利用することができます。
デザイナーの要求項目としての類似の別製品の形状を取り込み、部分形状を活用してバリエーション・デザインをしたり、測定データから作成した形状も、あと工程において柔軟に修正・変更ができるような面構成で作成することもできます。
  1. デザイン形状の造形としての利用
    • 手造りラフモックアップからの参照データとして
    • 最終モックアップを忠実にデータ化するため
    • 金型や製品データのデータ化
  2. テスティングとしての利用
    • 成形品とCADデータの比較
    • 組み立て品とCADデータの比較(インライン測定、抜打ち検査)
    • 外観形状の品質検査
    • 詳細形状(ボス・リブ・穴位置)の品質検査
    • 商品の解析(体積・重心・慣性モーメントなど)

2)点群データ

三次元測定機データを点群として読み込みます。
接触式/非接触式/レーザー/CCDカメラ等のどんな測定装置データでも取り扱えます。

3)三角網生成

点群から自動的に三角網を生成します。この三角網は、各種シェーディング(フラット/スムース/ゼブラ)が行えますので、データを立体として視覚的評価することができます。
三角網を使うことで容易にモデリングを始めることができます。

4)特徴抽出とモデリング


点群や三角網の表示と共に、通常の曲線・曲面操作が行えます。
点群や三角網状で曲線を作成したり、形状の特徴を自動で抽出したり、点群の並びに関係なく、断面を作成したり、曲線や曲面を投影したりしてモデリングを行うことができます。
特徴線としてハイライトラインやシルエットラインの抽出ができます。

5)基本機能によるモデリング


面の接続やハイライト等を確認しながら、基本機能を用いてモデル全体の基本曲面を生成します。
基本曲面生成後、フィレット部分等はCAD機能を利用したモデリングも可能です。
測定データの無い部分や精度の荒い部分はCAD機能を利用してモデリングできます。

6)曲率変化と曲線誤差

点群から作成した曲線の曲率変化を表示したり、曲面の法線を見たり、作成面と測定データの誤差表示を行うことができます。
位置や形を画面で測定データと比較しながら、修正を行うことができます。

7)断面データと測定データとの比較

誤差分布をグラフィカルに表示し、詳細部分の誤差を数値的に解析することも可能です。

8)CADデータと測定データとの比較

生成した曲面と点群を面単位で誤差評価できます。
CADデータと測定点群を読み込み、製品検査にも活用できます。

 | HOME | 製品情報TOP | 機能説明TOP |