製品情報

SolidWorksアセンブリ
アセンブリは他の部品やアセンブリ(サブアセンブリ)から成り立ちます。アセンブリ環境では構成部品同士がどのような関係を形作るのかを示し、設計者が製品の動きや組み立て性、干渉チェックなど重要な検討を行う際にも大変有効です。
 

アセンブリアプローチ  
  アセンブリの作り方には大きく分けて、全体のレイアウトの検討から詳細設計へと推移していくトップダウン方式と、個々の構成品をくみ上げていくボトムアップ方式とがあります。SolidWorksではいずれの方法に対しても強力に支援する機能を備えています。
レイアウトスケッチ
  スケッチブロックの機能を利用して全体の構想を検討するレイアウトスケッチを作成することができます。既存の2Dデータ(DXF/DWG)等を利用することも可能です。このレイアウトスケッチは1コマンドでブロックに登録されたとおりのアセンブリ構成に従って部品ファイルを作成するため、レイアウト検討からバラシの手間が大幅に削減されます。
   
スマート合致  
  選択したエンティティの種類から部品同士の関係をSolidWorksが予測し、画面上に表示するため合致を作成する時間を短縮することができます。また、よく使用する構成部品に合致参照を追加しておくことで、更に効率よく合致を追加していくことができます。
 
合致のエラー修復  
  SolidWorksの合致表示の機能の中には、重複定義等問題の含まれる合致を表示させる機能が搭載されています。問題のある合致に関係する構成部品が即座に特定でき、エラーを修復するためのアドバイスも示されるため、SolidWorks初心者でなくとも日常のアセンブリ作業で役立つ機能です。
 
fore 前へ follow