製品情報

SolidWorksモデリング
3D形状の最初の1歩は部品を作成すること。アセンブリも図面も部品が基本のファイルになります。SolidWorksには設計者の意図を直感的に、かつ正確に表現するモデリングツールが搭載されています。

 
Instant3D  
  ドラッグハンドルとルーラー(定規)を使って素早くモデルジオメトリを作成・編集することができます。
フィーチャーマネージャー  
  SolidWorksファイルに含まれる多くのフィーチャーを管理するのがフィーチャーマネージャーです。画面左側に表示され、作成されたモデルのフィーチャー作成履歴、プロパティ、表示状態を示します。アセンブリ環境ではそのアセンブリの部品構成まで表現されます。フィーチャーの編集、作成作業に必要な情報はこのフィーチャーマネージャーで一括管理され、設計者がモデルの編集を行う際の強力なアシスタントになります。  
   
デザインクリップアート  
  SolidWorksモデルのスケッチ、フィーチャー、ビュー、テーブルDXF/DWGファイル等、SolidWorks検索の結果を分析し、再利用します。検索結果を作業しているウィンドウにドラッグ&ドロップするだけで、作業中のモデルに再利用が可能です。この機能はSolidWorksの中からほしい情報にすばやくアクセスすることができ、SolidWorksのあらゆる設計データからフィーチャーやスケッチを再利用できるため、これまで2DCADを使用していた設計者にも大変有効です。
 
多彩なパターン  
  SolidWorksでは選択したフィーチャーの配列を元に繰り返し作成することが可能です。直線・円形のパターンだけでなく、設計する製品の意匠、機能に合わせて多彩なパターンから選択することができます。  
 
■カーブ駆動パターン ■スケッチ駆動パターン
 
■テーブルパターン ■フィルパターン
マルチボディ  
  SolidWorksの部品環境では複数のボディを存在させることができます。アセンブリを検討する前のレイアウトとして利用することも、複数のボディを組み合わせて複雑な形状を簡単に作成することも可能です。
  ■ボディ組み合わせ
  さまざまなテクニックを使用して、複雑な形状をモデリングしていきますが、ボディを分割して考えることで複雑な形状を簡単に取り扱っていくことができる場合もあります。
fore 前へ follow