製品情報

2DCADと3DCADの関係
  3DCAD導入の必要性
    3Dモデルは視認性の高さから、図面教育を受けておられない方にも製品形状の理解ができ、製品開発における横断型参画を可能とする画期的なツールです。3次元的に製品を表現することから、干渉チェック、組立性の確認、デザインレビューへの利用、ラピッドプロトタイピング、技術資料の作成、設計データの算出、等々、様々なデータ活用が期待できます。また、最近のグローバル製品化、海外における現地製造のニーズから取引先に3Dデータ納入を要求されることも増加しています。3DCAD導入は受注拡大や取引先との関係においても、直近の課題になりつつあります。
  2D図面の利用価値
    しかし、記図面流用、可搬性(営業活動、製造現場)、3Dモデル提供時の添付資料など、2D図面の利用価値は益々高まり、3DCAD導入をきっかけに2D図面が全面的に撤廃されるということは考えにくい状況です。また、図面の表現の分野において、3DCADではまだ力不足を感じておられる設計者の方も多くいらっしゃいます。特に、MicroCADAMをお使いの皆様は洗練された操作体系やMicroCADAM図面に付加されている設計ノウハウに利用価値を認めておられるのではないでしょうか。
  2DCADと3DCADの共存
    導入直後に2DCADの利用停止といった急激な設計環境の変化させるのではなく、2Dから3Dへの漸進的な移行でも3Dモデル活用のメリットは十分に実感することが可能です。
    2D設計から3D設計への移行ステップ
    効果の上がる設計作業を3D化する
     
2DCAD: 全体の設計を行う
3DCAD: 干渉チェック、曲面NC、解析等への3Dモデル利用
    製品、設計作業ごとに2Dと3Dを使い分ける
     
2DCAD: 混在させ、設計フェーズにおいて適しているCADを利用し、2D/3Dを補完しあう
3DCAD:
    製品ごとの設計作業を全面的に3D化する

株式会社フォルムウェアでは2DCADをご利用の皆様にスムーズな3DCAD導入、及び速やかな効果実感のための様々なサポートを行っております。


MicroCADAM-SolidWorks連携ツール
MicroCADAMをご利用の皆様に、効果的な3Dデータ活用に一歩踏み出していただくための
MicroCADAM-SolidWorks連携ツール」をご案内しております。
 
機能
  MicroCADAM図面をSolidWorksスケッチ(輪郭作成)に取り込むことで、MicroCADAMでの作図をSolidWorksモデリングに有効活用することが可能です。
  3Dモデルの輪郭線として
  MicroACDAMで作成した構想図をSolidWorksのレイアウトに利用
 

SolidWorksで作成した3D-2Dリンク図面をMicroCADAMに取り込み図面仕上げが可能です。

  正式出図にMicroCADAMを利用している場合、出図・承認のフローを変更せずに利用できます
  MicroCADAM図面として印刷、保管

キャンペーンのお知らせ
  MicroCADAMをお使いの皆様にMicroCADAM-SolidWorks連携ツールご導入キャンペーンを実施しております。詳細はこちらまでお問い合わせください。
 

体験セミナーのお知らせ
  2DCAD図面を用いた3Dモデリングに関する体験セミナーを実施しております。詳細はこちら

株式会社フォルムウェアではMicroCADAMをお使いのお客様にスムーズに3DCADのメリットを実感していただくためにQA、コンサルティング等の様々なサポートメニューをご用意しております。どうぞお気軽にお問い合わせください。