FRESDAM FAQ

FRESDAMでは、様々なモデリング機能及びデザインコミュニケーションの支援をより充実させています。
1.形状作成機能
2.デザイン・コミュニケーションの支援
また、以下のレンダリングの種類とマッピング方法が用意されております。

スキャンライン
レイトレース

環境マッピング
テクスチャマッピング
バンプマッピング
上記は、各種マッピングを施し、レイトレースでレンダリングした例です。
3.他CADとのデータ連携

対応フォーマット
読み込み 書き出し
CATIA CATPart
CATProduct
CATPart
ProE PRT
ASM
XPR
XAS
-
Inventor IPT -

上記は、ソリッドワークス上のアドインメニューとアイコンです。
 
ソリッドワークスアドインでは、ソリッドワークス上からFRESDAMを起動し、面の編集を行い、ソリッドワークスに戻してあげることが可能です。
上記、左図は測定点群から面作成を行い誤差評価を行ったところ。右図は、シェル化を行い断面表示を行ったところです。
4.使いやすさと可搬性
Q:変形操作は簡単ですか?
イラストレータのようにアンカーポイントを移動させるイメージで形状を変形させることができます。
また、数値入力、ドラッグ操作以外に、スライダーやスピンボタンを利用した微妙な操作が可能です。
5.Model/Trace機能
Q:測定点群からCADデータを構築するために便利な機能は?
点群に極力フィットさせながら隣接面との正接条件を保持し、且つ、面の流れを考慮した格子面作成機能が追加されました。
 
Q:測定点群とCADデータの誤差をわかりやすく表示する機能は?
点群の座標値と面のデータとの距離と浮き沈みをカラーマップで表示する機能が追加されました。
そのときにオフセット値も考慮することができます。Bezier面、NURBS面とも同時に行えます。



 | HOME | 製品情報TOP |